環境にも優しい「炭」の消臭・調湿効果とは

家の中のイヤなニオイが気になる・・・でも消臭剤の香りが苦手という方におすすめしたいのが炭です。

炭には驚くべき消臭効果があり、脱臭剤代わりとして生活周りのニオイ全般に効果が期待できます。
さらにkususumiで使用している「バイオ炭」は脱炭素化を目指す環境対策としても非常に注目されています。

環境にも優しい「炭」が消臭する仕組みやその効果、活用方法などをご紹介します。

炭が消臭するメカニズムとは?

炭には多孔質と呼ばれる無数の小さな穴が空いており、その大きさはミクロ単位です。この穴の大きさを含めた炭の表面積は、炭1グラムにつき200~400平方メートル(テニスコート1面分ほど)もあると言われ、焼き上げの温度によって大きさが異なります。水分やニオイの素などの分子が炭に近づくと、両者の間に分子間力が働き、これらの分子は炭の穴の中に引き込まれます。このように炭の穴にニオイ成分が吸着することで炭は消臭効果を発揮します。

炭の消臭効果

炭には消臭効果が期待できますが、炭の種類によって吸着するニオイの成分も異なります。
基本的に炭と逆の性質を持つ成分を吸着する効果が高くなります。黒炭や竹を原料にした竹炭は酸性の性質を持つので、アルカリ性物質を吸着しやすく、トイレやタンス、クローゼットなどで使用すると効果的です。一方の白炭はアルカリ性の性質を持つので、酸性物質を吸着しやすく、靴箱用のニオイ取りとしても効果があります。

バイオ炭は白炭でアルカリ性の性質を持つため酸性物質に効果的ですが、kususumi-楠炭-はボーケン品質評価機構調べによるとアンモニアやイソ吉草酸への消臭効果も実証されています。

炭の調湿効果

炭は多孔質から湿気を吸収するので除湿(吸湿)効果があるだけではなく、空気中の水分量が少なくなった場合は多孔質から水分を放出する放湿効果もあります。除湿・放湿を繰り返すことにより快適な湿度を保つことができます。これが調湿といわれる炭の効果です。

楠炭の吸湿・放湿力は、備長炭の約2倍

吸湿・放湿後、一気に吸放湿を行い約2時間で快適な湿度にした後湿度を保ちます。備長炭は約4時間と言われていますので、調湿の速度が他の炭と比べても早いと言えます。

試験条件:温度23℃、湿度条件 中湿域、養生時および放湿過程の相対湿度50%RH、吸湿過程の相対湿度75%RH

島根県産業技術センターによる吸放湿試験結果

炭の消臭活用例

靴箱

気になるニオイがとれて、除湿もできます。
飾り炭として飾ればインテリアにもなるので一石三鳥。

クローゼット・寝室

お洋服についた汗などの嫌なニオイを取るだけではなく、湿気もとってくれるのでカビを防ぐのにも効果的。
イソ吉草酸の消臭効果もあるので加齢臭にも。

台所などの水回り

台所まわりのこもりやすくて独特な嫌なニオイや生ごみのニオイを消臭してくれます。

冷蔵庫

食品の独特のニオイ取りや鮮度保持にも役立ちます。

トイレ

アルカリ性のニオイに効くので、トイレで効果を発揮します。トイレに残ってしまうニオイ対策にお役立てください

車の中

タバコの煙やエアコンのニオイなどがこもりやすい車の中に置くことで、嫌なニオイを消臭してくれます。

炭には消臭効果・調湿効果など優れた効果がいっぱいです。
早速炭の力を毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

kususumiの商品一覧

kususumi wanko 楠炭消臭剤
  • ティータイム
  • おすわり
  • おめかし

¥1,980(税込)

全24件
1

2

3 4 5